[重要]資本主義社会にエントリーしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイキャッチ画像

こちらの記事は、大学生以下の若い方だけではなく、

  • 資本主義社会の本質を知りたい
  • 将来の日本社会に不安や不満がある
  • 不労所得で生活したい
  • なぜ、就職しないといけないのか分からない
  • 将来不安だ
  • 世の中のためになることをしたい
  • 日本社会は、不毛だ
  • 大学生は人生最後の夏休みと言われることに疑問を感じる
  • 日本にも良いところがあり、それを守りたい

といった思いを持つ方々におすすめで、何かを得られるのではないかと思います。上記の例は矛盾しているかのように感じますが、本質を得たら自ずと納得できるのではないかと思います。記事内では、本質、大切な考え方のみをお伝えしていきます。詳しいことは、ネットに転がっています。

本題の前に、一つ質問です。資本主義社会にエントリーはしていますか?

資本主義社会

ここで資本主義社会の定義ですが、Wikipediaでは、

資本主義(しほんしゅぎ、英: capitalism)または資本制は、営利目的の個人的所有者によって商業や産業が制御されている、経済的・政治的システム。

と紹介されています。なんだか難しいですね。正直、定義なんかよりも本質的なことは、資本主義社会は、資本家が出資し、労働者が懸命に働くことで成り立っているということです。資本家は、その出資する(失う)リスクと引き換えに、生み出された利益を得る一方で、労働者は、あくまで出た利益を分配して、それが給料となります。資本主義はこのように資本家と労働者が存在することで成り立っています。

 ここで簡単な例を挙げると、Aさんは資本家で、1億円を資本金として事業をしています。例えば、スーパーマーケットのブランドを作り、全国各地に展開しています。Bさんは、その会社において出世を重ねて部長を勤めており、Cさんは平社員です。ここで、スーパーマーケットは順調に売り上げを伸ばしていき、年間100億の利益が出るとします。

Aさん、Bさん、Cさんの収入について考えてみます。資本家のAさんは、そのうち10%、つまり10億円が毎年入ってきます。しかも、事業を立てた後は、働かずともお金が入ってくる生活です。Bさんは、部長なので一生懸命寝る間も惜しんで働いて、年収800万円です。Cさんは、平社員で、こちらも一生懸命働き、上からの無理な指示にも耐え、年収400万円を稼いでいます。

ここで、そのスーパーマーケットを経営する会社が上場し、株式を発行したので、そのスーパーマーケットが大好きなDさんは、その会社の株を100万円分買いました。条件として、絶対にこれから潰れない(今後50年間は潰れないと仮定)、最強の企業であると仮定し、配当利回り4%は不変とすると、Dさんは、その会社で働かずとも毎年、配当金が100万円(投資した金額) × 0.04(4%) = 4万円入ってきます。これは、市場(企業)に投資をすることで、大きくなった市場や会社からお金を共有するイメージです。しかも、配当利回りが4%であるので、配当利回りが変わらないと仮定すると、25年間で最初に投資した金額を回収できることがわかります。

ここでポイントであるのは、Aさん(資本家)とDさん(株主)は、不労所得があることです。働かずとも、お金が入ってきます。しかし、Bさん(労働者)とCさん(労働者)は、働かないとお金が入ってきません。

皆さんは、現在Aさん(資本家)、Bさん(労働者)、Cさん(労働者)、Dさん(株主)のうちどれですか??

また、Aさん、Bさん、Cさん、Dさんのどの立ち位置が皆さんの性格にあっていて、夢や人生においてやりたいことを達成するための近道ですか??誤解を生みたくはないので、言いますが、資本家や株主、労働者がいるからこの世界が成り立っています。資本家や株主が良い、労働者が悪いといった話ではありません。安定したお金をもらうことは、良いことでもありますので。

僕が言いたいことは、知っていて選択をすることと、知らずに選択をすることは意味が大きく違うということです。どちらが良い、悪いという話ではありません。貴方は、資本家や株主がもらえる不労所得を知っていて、労働者という道を選択していますか??それとも知らずに、労働者を続けていますか??

今の時代は幸いにも、望めば簡単に労働者も資本家や株主側に行けます。資本主義社会では、リスクと引き換えにエントリーして参加することにより恩恵が得られます。昔と違い、資本家や株主はお金持ちだけがなれるものではなくなりました。そして、あとは、リスクを減らすことができれば良いだけです。

例で仮定した、絶対に潰れずに配当利回りも不変の企業については、リスクあるし、怖い。そんな企業あるわけないだろ。という声が聞こえてきそうですが、その答えとして、僕が約1年間続けている米国株長期投資です。その1年間運用した結果を以下の記事にまとめました。

大学生が米国株投資をやって1年運用してみた結果

米国株長期投資にもちょっとしたTipsがありますので、以下の記事で解説しております。

[初心者におすすめ]大学生による米国株投資の話

まとめ

冒頭で供述したいくつかの点について簡単にまとめると、

  • 資本主義社会の本質が知りたい

→ 資本家や、株主、労働者から成っている

  • 不労所得で生活したい
  • 将来不安だ

→ 資本家や株主側になる必要がある

  • なぜ、就職しないといけないのか分からない

→ 投資するためには、元本(投資するお金)がないといけない

  • 世の中のためになることをしたい

→ 株式投資をすることで市場やお金の流れを活性化。

  • 大学生は人生最後の夏休みと言われることに疑問を感じる

→ 人生はもっと自由であって良いはずです。

  • 日本にも良いところがあり、それを守りたい

→ 資本主義社会に皆がエントリーすることで、貧富の差は縮まり、ストレスのない、平和な良い時代が来ると信じています。現代において、やるかやらないかは、貴方次第です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*