複利を知らないと大損します![若い人必見]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイキャッチ画像

 皆さんは、アインシュタイン曰く”人類最大の発明”である”複利”を知っていますか?

複利を活用することで、人生においてとても得を得ることができます。言い換えると、複利を知らないと大損します。

複利は、あらゆる局面で使える代物ですが、特にお金において効果は絶大です。

複利とは

複利とは、元本+利子に、利子が付きます。

複利のイメージとしては、上流の川が下流に流れるにつれて川幅も深さも大きくなっていき、水の量も当然増えていきますよね。あんな感じです。水の量 = お金です。いずれ、海につながって莫大なお金、水を生みます。

単利とは

一方で単利とは、元本のみに、利子が付きます。上の例えで行くと、下流までつながらず、途中で枯れてしまうような川でしょうか。限界があります。

シミュレーションしてみた(複利と単利の比較)

言葉で言ってもわかりにくいので、どういうことか分かりやすくグラフと表で複利効果をシミュレーション計算してみます。単利と複利の両方で運用した結果を比較しました。投資元本が、100万円で、利子率3%で運用したとすると、以下が50年後の単利と複利のそれぞれで運用した金額です。

単利(円) 複利(円)

差(円)

1 1,030,000 1,030,000 0
2 1,060,000 1,060,900 900
3 1,090,000 1,092,727 2,727
49 2,470,000 4,256,219 1,786,219
50 2,500,000 4,383,906 1,883,906

ここで説明すると、単利は投資元本100万円に対して利子率が3%なので、100万円 × 0.03 = 3万円ずつ増えていくことになります。1年間に3万円ずつ増えていくってところがポイントです。

よって50年運用することで3万円 × 50年 = 150万円 増えることとなり、50年後の資産は250万円となります。

 

一方で、複利は1年目は単利のそれと一緒ですが、2年目からは、元本+利子に利子がつくこととなります。

1年目で103万円なので、2年目は103万円 × 0.03 = 30,900円増えます。

そして3年目は1,060,900円 × 0.03 = 31,827円増えます

分かりますか?たった3年だけで、既に、差額が2727円違います。

 

これを50年続けると、50年目の1年間での増え方は、 4,256,219円 × 0.03 = 127,686円です。

単利では、毎年3万円しか増えなかったのに、複利では、50年目には、1年間で127,686円増えます。

 

このように50年間の運用で、単利では毎年3万円の利益だったのが複利を続けると50年目には127.686円の利益が出るようになり、資産総額は、1,883,906円の差額が出ることがわかります。

 

180万円あったら、なんでも好きなことをやれそうな気がしますね。。以下がグラフとなります。

単利と複利で50年運用した結果
 
 
ちなみに、投資金額100万円、年利たった3%でこの結果です。投資金額を増やしたり、年利6~8%の海外株で運用すれば、夢のようですね。
 
ちなみに、米国株投資の始め方は、こちらで解説しています。まずは、簡単に全体像を抑えて、証券口座を開設して、買いたい銘柄の株を買う、というイメージです。意外と結構簡単ですよ。
 
 
 

 

なお、米国株を始める際は、”バカでも稼げる「米国株」高配当投資“という本がおすすめです。208ページとお手軽に読むことができますし、なによりかみ砕いた表現で、内容が簡単ですし、投資初心者の方にとって本当に分かりやすいです。

 

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

新品価格
¥1,620から
(2019/10/19 11:56時点)

 

まとめ

以上です。ちなみに積立しながら複利効果を働かせると、もっと効果を得ることができます。いずれ記事にします。なお、大学生である僕が1年間米国株を運用した結果は、以下の記事になります。

大学生が米国株投資をやって1年運用してみた結果

最後までみてくれた方、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*